取りたい資格として人気である公認会計士になることのメリットについて考えてみました

国家資格を取る前に、学部や他の資格を取っていないといけないということもありますが、公認会計士の場合は、そのようなものが一切ありません。資格も学歴も必要なく、医師と弁護士に並ぶ日本三大国家資格と言われていることから、取りたい資格として人気であるのが公認会計士です。

しかし実際はそんなに甘くなく、資格を取った人たちの学歴からそれはわかります。

■多くが高学歴
学歴が関係ないと言っても、公認会計士になっている人の多くが、有名大学である難関国立大学、私立大学を卒業している人たちが多いです。学部は商学部や経済学部、または法学部が多いですが、理系の方でも取得している人が居ます。公認会計士の試験自体が豊富な知識と考察力が求められますので、それ相応の学力が必要になります。

学歴だけでは測れませんが、やはり有名な大学に合格できるほどの学力、もしくは辛い受験の日々に耐えられる忍耐力が求められていることがわかるはずです。

■学歴だけではない資格
有名な大学を卒業していないと取得できない資格だとして、諦めるのはまだ早いです。公認会計士として働いている人のなかで、なかにはそれほど有名ではない大学卒や高卒の方もいます。専門学校や会計大学院で学ぶこともできますので、そのような方法から公認会計士を目指すのも良いでしょう。

このような点から見ると、やはり学歴だけではないことがわかりますが、公認会計士自体三大国家試験と言われるだけ、厳しい試験になりますので、甘い考えは捨てなければなりません。学歴は一切関係ありませんが、そこだけに着目してしまうと、痛い目にあう資格になるでしょう。

どんなに効率よく勉強しても資格取得まで5年ほどかかると言われていますので、早めの対策が必要です。

One Comment

コメントを残す

You must be logged in to post a comment.